バストアップに必要な食べ物はキャベツ?

バストアップのために食べ物を工夫するならば、ボロンという栄養素が含まれたものを選ぶと良いとされています。

ボロンというのは、栄養素の中でもちょっと聞いたことがない、マイナーなものになるかもしれませんが、バストアップには大変有効な栄養素なので知っておきましょう。

ボロンは女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促す力があります。エストロゲンは胸を大きくする作用にかかわる女性ホルモンなので、ボロンを摂ることが結果的にバストアップにつながるということなのです。

では、バストアップのためにはエストロゲンの入った食べ物を食べると良いということですが、このボロンが多く含まれる食べ物とはどういったものになるのでしょうか?1つはキャベツになります。キャベツは割と身近な食材なので、毎日でも食べられるのではないでしょうか?

キャベツはボロンが比較的多く含まれているので、バストアップをするために有効な食べ物になりますが、熱を通さないで食べた方が良いです。ボロンの性質上、熱を通すとよくないので、例えばロールキャベツなどにはしないで、サラダとして食べるのがバストアップのためには良いということになります。

そういった点における注意点はありますが、食べ方さえ間違えなければ、ボロンを効率よく摂取できることになるので、キャベツはバストアップのためにおすすめの食べ物ということになります。

キャベツ以外にもボロンという栄養素は入っていますけど、毎日食べていくことができて、かつそれなりの量含まれていると言える食べ物は限られますし、キャベツが1番と言えると思います。

バストは揉むと大きくなる?そう言われている根拠について

女性の胸は揉むと大きくなるとまことしやかに言われていますが、これは正しいとも正しくないとも言えます。なぜならば、バストアップのカギを握っているのは女性ホルモンである事が理由だからです。

まずバストを揉むと女性ホルモンが分泌されやすくなり、その女性ホルモンが乳腺を増やした結果としてバストアップが実現されます。なのでこの状態であれば揉めば大きくなると言うのは正しいと言えます。

しかしただやみくもに揉んでいた場合、胸の脂肪が燃焼されやすくなってしまい逆にバストダウンしてしまう可能性が出てきます。したがって、こちらの場合は揉んでも大きくはならないと言え、これが正しいとも正しくないとも言える理由になっています。

なのでより正確に表現するならば「女性ホルモンが分泌されるように揉めば大きくなる」となり、そのためバストアップマッサージなどは女性ホルモンに似た成分が配合された専用のクリームを使っているケースが多くなります。

また、バストを揉む事で血行促進効果も期待できますので、こちらも揉めば大きくなると言う表現の根拠になっています。いくら女性ホルモンが分泌されていてもバストアップに必要な栄養が胸に送られなければ効率的なバストアップは難しくなります。

したがってバストは揉めば大きくなると言うのは、実践した方の女性ホルモンの分泌が促進されると共に血行が良くなりバストアップした事実からそう言われています。

なので必ずしも揉めば大きくなるわけではなく、中には小さくなってしまう方や全く効果がないと言う方もいらっしゃいます。

バストを小さく見せるならスポーツブラを

バストが大きいため、男性からも女性からも視線を集めやすく、恥ずかしい思いをしている人もいるでしょう。そういった人は、バストを小さく見せたいと考えていることではありませんか。

バストを小さく見せるために良いアイテムがあります。それがスポーツブラです。しかしなぜスポーツブラなら、バストを小さく見せられるのでしょうか。

まず通常のブラであれば、着けたときに谷間ができますよね。

ですがスポーツブラの場合、その谷間の部分にもバストが流れ込みます。そうなると全体的にバストが平面に見え、更にバストトップの位置も低くなるので、小さく見せることができる、というわけですね。

けれどスポーツブラの選び方には、気を付けないといけないこともあります。

それは『自分のバストサイズにあったもの』を選ぶということです。たとえば「小さめのスポーツブラなら、よりバストを小さく見せられるのではないか」と思い、小さめのスポーツブラを買ってしまうと、いざ着けたときにスポーツブラの横の部分から、バストがはみ出て不格好となるでしょう。

あるいはバストが中心に寄りすぎてしまい、逆にバストが大きく見えてしまう恐れも出てきてしまいます。大抵のスポーツブラにはおおよそのバストサイズが表記されていますから、それを目安にして購入するのが良いでしょう。

「人にバストを見られるのが恥ずかしい」という思いをしていても、それを人に言うのが憚られる場合も多いのではありませんか。

なにせ多くの女性が「バストを大きくしたい」と感じているわけですから、「バストが大きいことが悩み」だと相談すると、相談した相手によっては嫌味に受け取られてしまいますからね。

しかしスポーツブラを着ければ簡単にバストを小さく見せられますから、一度スポーツブラを着けてみてはどうでしょうか。

ホワイトラグジュアリーはどのくらいで効果が出るのか

私は若い時から乳首の黒ずみが気になっていました。付き合う人に初めて見られた瞬間にすごく嫌な顔をされることが多く遊んでいると思われるのが本当に嫌でした。

また温泉なども行きたくないくらいコンプレックスでした。

メラニン色素というこの色素が黒ずんでしまう原因ということだったので、このメラニン色素に効くものはないかと、ネットで調べていた時にホワイトラグジュアリーという商品を知って、口コミがよかったので一度試しに使用してみることにしました。

私はお風呂上りに毎日使用していました。500円玉程度の量をとって乳首から乳輪まで胸につけます。私はこういったタイプの商品でベタベタとべたつく感じが苦手なのですが、この商品はサラサラしていたので嫌な感じも一切なかったです。

テクスチャーは堅めなのでしっかりと塗ることができます。

私は1週間、1か月そこらでは効果を感じませんでした。

3か月ほど使用してみてやっと色素沈着してしまっていた部分が薄くなったというか、黒ずみの色が薄くなったように感じました。ですがまだピンク色には程遠かったです。

その後も効果は少しずつ出ているのでこの商品を続けていけばもっと綺麗なピンク色になるのではないかと期待をし、使用を続けていくことで、効果がどんどん出ていることをうれしく思っていました。

半年ほどでやっとピンクっぽい色になってきました。まだ完全にきれいとは言えないので現在も使用しているのですが、昔と比べると乳輪、乳首ともにきれいになり本当に満足していますし自信をもって温泉などにも行けるようになりました。

気になっていた乳首の黒ずみをクリームで改善

バストは、女性にとって非常に大切なものです。女性のシンボルですし、より美しくなりたいですよね。でも、私はかつてバストにコンプレックスを抱えていました。バストの形は綺麗な方だと思いますし、それなりにボリュームもあるので、その点は満足しています。ただ、乳首が黒ずんでおり、人前に出るのが恥ずかしいほどでした。

温泉に行く時も、何となく他人のバストが目に入ってきますよね。その時も、自分の黒ずんだ乳首を見られているのではないかと思い、必死で隠していました。ビキニで隠せるプールは良いのですが、大好きな温泉を楽しめなくなっていました。

振り返ると、妊娠を経験してから乳首が黒ずんできたように思います。出産をして授乳も終われば、黒ずみは気にならなくなるという先輩ママの意見も多数ありましたが、私は全く改善されませんでした。

そして、ネットで色々と自分なりに調べてみたところ、黒ずみを改善できるクリームがあるということを知ったのです。私が購入してみたのは、イビサクリームでした。口コミの評価も良かったですし、金額的にも予算内だったので、決めました。

イビサクリーム効果を得られる優れものだと思いました。雑誌などでも特集を組まれるほど注目されていることにも、納得できました。付け心地に不安がありましたが、肌にスッと馴染み、べたつきも一切なく、軽やかな感じがしました。

一番心配していた乳首の黒ずみに効果があるのかという点についてですが、ほんのり淡いピンクっぽい色にまで改善されたので、満足しています。バスト自体も、常にしっとり潤っている感じで、色々な人に自慢したいくらい自信を持てるようになりました。